今更聞けない!?マーケティングオートメーションのメリット・デメリットとは


マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションの導入によって期待出来るメリットには、まず「生産性の向上」が挙げられます。マーケティングオートメーションでは顧客の行動分析やメール配信など、多くのリードナーチャリング業務を自動化させる事が可能です。そのため、浮いた人員をコア業務に回せるようになるため自社のサービス品質と生産性の向上に効果が期待出来ます。また、ツールによって「顧客や商品の様々な情報が可視化される」という点も大きなメリットです。マーケティング活動における経過や結果が視認出来るようになると、今後の経営方針の策定が行いやすくなります。これら2つのメリットは結果的に「PDCAサイクルの向上」に繋がっていくので、マーケティングオートメーションの導入によって自社内での良好な循環が生まれるのです。

注意しておきたいデメリット

一方、マーケティングオートメーションはただ導入すれば良いという訳ではなく「運用コストが必要になる」という点には注意しておきましょう。ここでいう運用コストには金銭的コストと人的コストの両方が含まれています。マーケティングオートメーションのツールは多くが月額制の有料プランとなっているため、ツールの利用頻度に関わらず一定の費用が発生するのです。ツールを導入してもそれを上手く使いこなす事が出来なければ、前述したようなメリットを享受出来ないでしょう。そのため、社内でツールの取り扱いや運用を担当するための人材を教育・準備する必要性も出てきます。また、マーケティングオートメーションはツールを導入して即座に効果が出るというタイプではないので「効果が出るまではある程度我慢が必要になる」という点にも注意しておきましょう。

マーケティングオートメーションとは、マーケティングを自動化するという意味です。専門のツールを用いて、見込み客や顧客の情報を一元化し活用することで、効率のよいマーケティングや営業活動ができます。